ホーム / カーボン&サーキュラーポータル / 用語集 / 排出量取引/排出権取引/排出枠取引

排出量取引/排出権取引/排出枠取引

企業・国などが温室効果ガスの排出上限(排出枠)を定め、排出枠を超えて排出したところが、排出枠が余ったところから排出枠を購入し、それによって排出削減をしたとみなす(他社の削減分をお金で買い、自社が削減したことにする)ことができるようにする制度。各国・エリアで実施されている。

(参考)京都メカニズムにおける排出量取引制度では、下記の排出枠が取引される。
・AAU (Assigned Amount Unit) - 各国に割り当てられる排出枠
・RMU (Removal Unit) - 吸収源活動による吸収量
・ERU (Emission Reduction Unit) - 共同実施(JI) にて発行されるクレジット
・CER (Certified Emission Reduction) - クリーン開発メカニズム(CDM)にて発行されるクレジット

< 用語集一覧へ

< カーボン&サーキュラーポータルトップページへ

ご質問・お問い合わせ

< 用語集一覧へ

< カーボン&サーキュラーポータルトップページへ