ホーム / カーボン&サーキュラーポータル / 用語集 / クリーン開発メカニズム(CDM)

クリーン開発メカニズム(CDM)

英語名:Clean Development Mechanism(略称:CDM)。

京都議定書において規定された京都メカニズム(先進国が数値目標を達成しやすくするための市場メカニズムといえる)の1つで、先進国が、数値目標が課せられていない発展途上国において排出削減プロジェクを行うことで排出削減が実現した分が、排出権(排出枠)として創出されるメカニズム。
排出権は、プロジェクトに応じて、先進国/発展途上国で分配され、その排出権は売買できる。
CDMにおいて創出された排出権は、CER(Certified Emission Reduction)という。

< 用語集一覧へ

< カーボン&サーキュラーポータルトップページへ

ご質問・お問い合わせ

< 用語集一覧へ

< カーボン&サーキュラーポータルトップページへ