ホーム / ニュース一覧 / グループ会社における「RE100工場化」を支援

2021年02月02日(月) ソリューション

グループ会社における「RE100工場化」を支援

当社は、株式会社エンビプロ・ホールディングス(以下、エンビプロ グループ)のRE100を推進する主幹事会社としてグループ各社のRE100化を推進しております。
今回、その一貫としてグループ会社の株式会社クロダリサイクル(以下、クロダリサイクル)の自社工場を「RE100工場化」するための支援を行いました。

クロダリサイクルは、自社工場で消費する電力を2021年2月1日より株式会社エネットが供給するRE100対応の電力メニューに切り替え、

再生可能エネルギー電力100%のRE100工場となりました。
太陽光発電システムの導入を検討しましたが、北海道という土地柄、積雪が多いため発電量が少ないことや、系統の空き容量がないため余剰売電が出来ないことから、

設置コストの回収が難しいといった課題がありました。
そこで、クロダリサイクルが本社工場を構えている北海道内の中小水力発電の環境価値と電力の供給を受ける本メニューを選定しました。

水力発電は、太陽光や風力と比較して安定した発電が可能な再生可能エネルギーです。

エンビプロ グループは、2018年7月に「RE100」に加盟し、2030年までにRE100達成を目指すことを決定しています。

これまでに当社が支援した取組は以下のとおりです。

 

 

導入時期

取組内容

2019年4月

株式会社しんえこが運営する地域循環共生型リサイクル施設「しんえこプラザあづみ野」がRE100対応メニューへの切り替えによりRE100達成

2019年5月

株式会社東洋ゴムチップがRE100対応メニューへの切り替えによりRE100達成

2019年5月

「しんえこプラザあづみ野」にリユースパネルを使用した太陽光発電設備を設置(当社所有)

2019年5月

株式会社しんえこが所有する「小宮発電所」のFIT電気とトラッキング付非化石証書を特定卸供給により株式会社東洋ゴムチップへ供給するスキーム導入

2020年2月

株式会社エコネコルの手解体工場の屋根に第三者所有モデルで太陽発電設備を設置(当社所有、エコネコルが自家消費)

2020年5月

エンビプロ・ホールディングス本社がRE100対応メニューへの切り替えによりRE100達成

2020年2月

「しんえこプラザあづみ野」に設置した太陽光発電のFIT電気とトラッキング付非化石証書を特定卸供給により株式会社東洋ゴムチップへ供給へ供給するスキーム導入

2020年2月

株式会社クロダリサイクルがRE100対応メニューへの切り替えによりRE100達成

 

 

2019年度のグループ全体の電気使用量のうち約14%を占めるクロダリサイクルがRE100工場となったことにより、RE100達成率は約32%となる見込みです。

 

 

 

当社ではRE100化及びCO₂削減を目指す事業者様向けにコンサルティング及びソリューション提案を行っており、今後も事業者様の状況に応じた最適なサービス

開発及び支援を行ってまいります。

【株式会社クロダリサイクル】
1922年の創業以来、北海道函館市を中心とした道南地区で、地域に密着したリサイクル事業を展開しています。ダストに残された微細な貴金属も回収するなど、

創業者の「目の前のたったひとつのものをおろそかにしない」理念を追求し続けています。

株式会社エンビプロ・ホールディングスのニュースリリースは下記からご覧ください。
資源リサイクル子会社「株式会社クロダリサイクル」の使用電力100%再生可能エネルギー切替に関するお知らせ
https://www.envipro.jp/news/topics/news-1835/

ニュース一覧へ

RECOMMEND"ソリューション"の最新記事