ホーム / ニュース一覧 / 株式会社ブライトイノベーションと株式会社ウフル、 Salesforce Net Zero Cloudを国内報告制度に対応するためのサービス 「省エネ法・温対法報告 for Salesforce」を開発

2022年10月26日(火) プレスリリース

株式会社ブライトイノベーションと株式会社ウフル、 Salesforce Net Zero Cloudを国内報告制度に対応するためのサービス 「省エネ法・温対法報告 for Salesforce」を開発

株式会社ブライトイノベーション(本社:東京都中央区、代表取締役社長:中作 憲展、以下「当社」)と株式会社ウフル(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:園田 崇史、以下「ウフル」) は、2022年3月9日に株式会社セールスフォース・ジャパンが日本で販売開始したSalesforce Net Zero Cloud (以下「Net Zero Cloud」)に対して、国内法に基づく報告制度に対応させるためのサービス 「省エネ法・温対法報告 for Salesforce」を開発しましたので、お知らせいたします。

 

■省エネ法・温対法報告 for Salesforceとは

「省エネ法・温対法報告 for Salesforce」は、Net Zero Cloudで管理されたエネルギー使用量データをエネルギーの使用の合理化等に関する法律(以下、「省エネ法」)・地球温暖化対策の推進に関する法律(以下、「温対法」) の定期報告に対応するためのアドオン・アプリケーションです。Net Zero Cloudで収集したデータをもとに日本の法制度に対応した報告業務が可能になります。Net Zero Cloudから、省エネ法・温対法・フロン法電子報告システム(EEGS)に直接アップロード可能なXML形式の定期報告書ファイルを出力します。排出係数も毎年更新されるため、定期報告書作成の業務負荷を軽減することが可能です。
特長)
1. Net Zero Cloudのエネルギーデータをそのまま使用可能
2. 温対法「算定・報告・公表制度」における排出係数、電気事業者別排出係数に対応

主な機能)
◇ 省エネ法・温対法の定期報告書情報の管理
◇ Net Zero Cloud エネルギー使用量データからの報告書用データの算定
◇ 省エネ法・温対法・フロン法電子報告システム(EEGS)にアップロード可能なXML形式の定期報告書
ファイルの出力
◇ 最新の排出係数データの提供

対応様式)
◇ 省エネ法「様式第9 定期報告書」
◇ 温対法「様式第1 温室効果ガス算定排出量等の報告書」、「別紙 特定事業所の報告書」

提供方法)
Net Zero Cloudのアドオン・アプリケーションとしてAppExchangeにてウフルより提供します。

 

■会社概要

当社は、環境分野に専門特化したコンサルティングファームでCDPのスコアリングパートナーでもあります。カーボンニュートラル(脱炭素)およびサーキュラーエコノミー(循環経済)に関するコンサルティングを中心に、多様な業種のクライアントに対する「豊富な実績」と「実務的な知識」を融合した、クライアントのニーズに応える具体的、最新、かつ本質的なサービスを提供しています。コンサルティングに加え、実際の温室効果ガス削減や廃棄物の資源循環などのソリューションサービスを提供するとともに、クライアントの環境DX(デジタルトランスフォーメーション)を促進させるためのシステム開発にも取り組んでいます。

 
■株式会社ウフルについて

ウフルは「テクノロジーと自由な発想で、持続可能な社会を創る」を理念として、企業や社会のDX(デジタルトランスフォーメーション)とデータ活用を支援・推進しています。クラウドサービスの導入と運用をはじめ、コンサルティングやシステム開発等を自社製品やソリューションとともに、エッジからクラウドまでワンストップで提供しています。また、企業活動の枠を超えて、地域や産業のDXを実現するために、スマートシティやスマートサプライチェーンに必要とされる、信頼できるデータ流通のための仕組みの導入と標準化に向けた提言を行いながら、IoT×ブロックチェーン領域における研究開発にも取り組んでいます。

 
■本件に関するお問い合わせ先

お問い合わせはこちら

ニュース一覧へ

RECOMMEND"プレスリリース"の最新記事