ホーム / カーボン&サーキュラーポータル / 用語集 / 排出量取引制度

排出量取引制度

京都議定書において規定された京都メカニズムの1つで、国家や企業ごとに温室効果ガスの排出枠(キャップ)を定め、排出枠が余った国や企業と、排出枠を超えて排出した国や企業との間で取引(トレード)する制度。
排出権取引または排出枠取引ともいう。

排出量取引の方式として、キャップアンドトレード方式と、ベースラインアンドクレジット方式があるが、多くの排出量取引において前者が用いられている。

< 用語集一覧へ

< カーボン&サーキュラーポータルトップページへ

ご質問・お問い合わせ

< 用語集一覧へ

< カーボン&サーキュラーポータルトップページへ