ホーム / ニュース一覧 / 【最新動向を知る】排出事業者としてのリサイクルリスク&カーボンリスクマネジメントの新潮流【11/30(水)東京・有楽町】

2016年10月20日(土) プレスリリース

【最新動向を知る】排出事業者としてのリサイクルリスク&カーボンリスクマネジメントの新潮流【11/30(水)東京・有楽町】

株式会社ブライトイノベーションでは、親会社である株式会社エンビプロ・ホールディングとススズトクホールディングス株式会社が結んでいる包括業務提携の一環として、2016年11月30日(水)、廃棄物及び有価物の排出事業者様向けに「最新動向をつかむ 処理・リサイクル業者管理の新潮流」を共催いたします。

 

▽お申し込みはこちら

https://brightinnovation.jp/seminar/suzutoku_bright_20161130/

 

【セミナー趣旨】

廃棄物処理法の度重なる改正にもかかわらず、いまだにビーフカツ横流し事件などの重大な事件が発生しています。しかし、これから循環型社会の構築を考える上では、目の前の廃棄物リスク対策だけでなく、国際的な動向を踏まえた視点が重要になります。ひとつには、廃棄物の定義に関する問題です。リサイクルの推進と、e-waste等の不適正処理の防止をどう両立させるのか、EUのサーキュラーエコノミーの動向を踏まえ、今後について考えます。

さらに、昨年末にパリで開催されたCOP21の後、CO2の観点での委託業者のマネジメントの機運も高まっており、その内容と背景について体系的に解説します。

 

【講演内容】

・廃棄物&有価物処理・リサイクルリスクとそのマネジメント

・廃棄物・有価物委託業者のCO2の観点での管理の必要性とその背景 ~気候変動問題との関係の観点から~

 

【講師紹介】

■スズトクホールディングス株式会社 新事業開発部イノベーション担当課長 堀口昌澄

早稲田大学卒業後、アミタに入社。廃棄物処理法のコンプライアンス支援のコンサルやセミナーの第一人者となる。2016年4月スズトクホールディングスに転職。現在、静脈産業の育成と活性化・持続可能社会の実現に取り組む。

 

■株式会社ブライトイノベーション 執行役員 荻巣和紀

食品メーカーを経て、監査法人の環境・サステナビリティアドバイザリー部門にて、環境コンサルティング及びサステナビリティアドバイザリー業務に従事した後、株式会社ブライトイノベーションの創設に参画。博士(地球環境学)

 

【セミナー申込要領】

参加費 :10,000円(税込)

お申込 :専用フォームよりお申し込みください

定 員 :45名(先着順)

*コンサルティング会社等、同業他社の方の参加はご遠慮いただいております。

 

【日程・会場】

日 時 : 2016年11月30日(水) 14:00~16:20(13:30受付開始)

会 場 :東京国際フォーラムG407会議室

(東京都千代田区丸の内3-5-1)

 

▽弊社で、この他にもセミナーを開催予定です。

https://brightinnovation.jp/seminar/

 

-----------------------------------

<お問い合わせ先>

株式会社ブライトイノベーション

担当:舘野

TEL:03-6205-4638 

URL:https://brightinnovation.jp/

-----------------------------------

ニュース一覧へ

RECOMMEND"プレスリリース"の最新記事